HOME> 相続登記

相続登記

相続登記とは、不動産を所有している方が亡くなられた場合に、その相続人に不動産の名義を変更する登記をいいます。
相続登記は一刻を争う登記ではありませんが長期間放置しておくと、重ねて相続が起こるなどして権利関係が複雑になり様々な問題が起こります。
相続が発生した時にできる限り早期に相続関係を確定させ相続登記をしておくことが望ましいといえます。

当事務所にご依頼いただければ戸籍等の必要書類の収集、遺産分割協議書作成、相続関係説明図の作成、登記申請まで一括して代理致します。

ご相談から相続登記までの流れ

1.お電話又はメールによる相談受付・お見積り


TEL:03-3366-5232(代)
メール:info@abiko.co.jp
※日本全国どちらからでもご依頼いただけます。
(当事務所はオンライン申請に対応しており、日本全国の不動産について登記申請することが可能です。)

2.相続登記のご依頼

イ) 必要書類の取得・作成・登記申請一式のご依頼
ロ) 書類の取得・作成のみ
ハ) 登記申請のみのご依頼
  イ〜ハいずれの形態に於いてもご依頼いただけます

3.必要書類の取得・作成

相続関係書類(戸籍・住民票等)、不動産関係書類(登記簿謄本・評価証明書等)を取得し、遺産分割協議書・相続関係説明図を作成いたします。

4.登記申請

登記費用のお振込が確認でき次第オンラインシステムによる登記申請

5.登記完了

相続人名義の登記識別情報(いわゆる権利証)、登記事項証明書、相続関係書類一式をご指定の送付先に配達証明郵便にて送付致します。

相続登記の必要書類

1.被相続人(お亡くなりになられた人)に関する書類
イ) 被相続人の出生から死亡までの戸籍(除籍)謄本
ロ) 死亡時の住民票の除票または戸籍の除票
2.相続に関する書類
イ) 相続人全員の戸籍謄本
ロ) 相続人全員の住民票(本籍地記載のあるもの)または戸籍の附票
ハ) 遺産分割協議書作成の場合は相続人全員の印鑑証明書
3.相続の対象となる不動産に関する書類
イ) 固定資産評価証明書(最新年度のもの)
ロ) 遺産分割協議書(相続人全員の署名・実印押印・印鑑証明書添付)
  ※法定相続分による登記申請の場合は不要
ハ) 相続関係説明図
4.その他
イ) 遺言書による場合は、遺言書
ロ) 調停・判決による場合は、調停調書・判決正本
ハ) その他、諸々の事情により必要書類として法務局より要求される場合があります。

相続登記の費用の内訳

  1. 相続人を確定するための戸籍(除籍)謄本・住民票などの取得費用(市役所等の手数料)
  2. 登録免許税、登記事項証明書等の費用(税金、印紙代)
  3. 代理人(専門家)に依頼したときはその報酬

相続相談フォームはこちらから

相続についての「困った」は、こちらから
ご相談ください。


お問い合わせ我孫子総合事務所 ご質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください 東京(代表)03-3366-5232 横浜(代表)045-290-6006 債務処理 無料相談 お問い合わせ

ページトップへ


東京
東京都新宿区西新宿八丁目1番16号 アドバンスビル3F
Tel:03-3366-5232 Fax:03-3360-9692 E-mail:tokyo@abiko.co.jp
横浜
横浜市西区楠町9番地7 TAKビル2F
Tel:045-290-6006 Fax:045-290-6007  E-mail:yokohama@abiko.co.jp

Copyright(c) 2006 ABIKO. All Rights Reserved.